Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G フルサイズ対応単焦点レンズ

カメラ機材

結論

・中古で2万円以内で買えて写りもいい

・NikonFマウント用レンズ(一眼レフカメラのマウント)

・NikonZマウント(ミラーレス一眼)でも変換アダプター(FTZ)で使用可能

・Zマウント用の【NIKKOR Z 50mm f/1.8 S】より【中古AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G+FTZ】の方が安く手に入れることができる(明るいレンズを試したい人にオススメ)

・NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sの方が最新技術や光学性能が上なので描写力はAF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gより優れている。買えるならZマウント用のNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sがオススメ

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G-概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
ニコンのフルサイズフォーマットNIKKORレンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」の製品ページ。カメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

2011年6月発売と古く感じるが、最新の一眼レフカメラであるD780が発売した2020年までの長きを、現役として全うした標準単焦点レンズです。セットレンズに慣れてきたカメラマンさんのステップアップレンズとしてたくさんのカメラマンの期待に応えてきたレンズであることは間違いありません。かくいうカメラマン夫もその一人です。

カメラマン夫
カメラマン夫

私はズームレンズ派で【広角ズーム・標準ズーム・望遠ズーム】の3本があれば仕事も趣味の撮影もできると考えるタイプです。それでも単焦点レンズの透き通るような描写、f/1.8などの明るいレンズでズームレンズでは表現できないボケ感はやはり一本は持って置きたいレンズです。

重さは役185gと非常に軽くコンパクト。カメラバックに常に入れて置くことのできるレンズです。まさにお守りレンズといっても過言ではないレンズです。

ブログ掲載リンクより商品を購入された場合は当ブログ収益となります

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gの特徴

ここからNikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8Gの特徴について説明をしていきます。

焦点距離の基本50mm

ニコンのAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは、その名の通り、焦点距離50mm(固定)のレンズです。このレンズは単焦点レンズの入門レンズとしての魅力を最大限に引き出してくれるレンズです。50mmと言う焦点距離はカメラの基本焦点距離と言われることから、多くの写真愛好者やプロのフォトグラファーも必ず一本は持っていると言っても過言ではない、非常に魅力的で基本的なもレンズと言えます。

カメラマン夫
カメラマン夫

この焦点距離50mmが基本と言うのはフルサイズと言われる35mmフィルム換算した場合です。持っているカメラが【APS-Cセンサーの場合は焦点距離35mm】、【マイクロフォーサーズの場合は焦点距離25mm】が焦点距離50mm相当になります。


◯センサーサイズの違いにについてはこちらのブログを参考にしてみてください。

「フルサイズ」と「APS-C」の違い解説。画質・画角・対応レンズの違い
一眼カメラの性能を理解する際に重要な要素が「センサーサイズ」です。これはカメラの性能や写真の質に大きな影響を与えます。初...

185gで軽量&コンパクト

約185gと非常に軽量でコンパクトな設計のレンズです。その重量とサイズ感は持ち運びを気軽にしてくれます。デイリーユースにも最適で、気軽に持ち歩け、さまざまな素晴らしい瞬間を逃すことなくカメラに収めることができます。

また常にカメラバックに忍ばせても苦にならないので、「お守りレンズ」としてもオススメの一本です。

明るいf/1.8単焦点レンズ

一番の魅力はなんといっても【美しいボケ】【一眼カメラならではの表現】ではないでしょうか。

f1.8と言う明るいレンズはたくさんの光を取り込むことが可能で、焦点が合った部分からとろけるようなボケ味を体現してくれます。

また、50mmの画角では風景、ポートレート、スナップ撮影と多種ジャンルにも対応できる万能性が日光ります。

F値が小さいことで低照度(暗い場所)でも撮影が有利になります。F値が小さくなることでシャッタースピードが稼げるので手ブレ・被写体ブレへの対応に有利です。またISO感度を上げずに済むのでノイズ対策もできます。

【F値・シャッタースピード・ISO感度】カメラの3要素についてはこちらの記事を参考にしてください。

初心者から初中級者を目指すカメラの基本設定 3つの設定の関係性
写真撮影をする際に避けては通れない「カメラの設定」があります。主に関係してくる設定は「ISO感度」、「絞り値」、「シャッ...

50mm/f1.8単焦点レンズ】=と言っても差し支えないほど、明るいレンズの代表格とも言える50mm/f1.8。このレンズはひとつのジャンルとして確率されていると言えます。セットレンズ(標準ズームが多い)からのステップアップレンズの第一候補になるレンズです。

その為各種メーカーも50mm単焦点レンズは「お手頃価格で満足の写り」を実現してくれているレンズが多いです。

静音・高速のオートフォーカス

超音波モーターSWMを搭載しおり、静かで高速なオートフォーカス撮影が可能です。

更にM/Aモードがあり、オートフォーカス時にフォーカスリングを回すとマニュアルフォーカスへ切り替えることが可能。素早いピント合わせが可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gのオススメポイント

2011年発売と古く感じますが現役バリバリで使用しているカメラマンさんも多数おられる「AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G」 このレンズのオススメポイントを紹介していきます。

中古でお手頃価格

【2024年1月現在】

ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 価格比較
■最安価格(税込):29,355円 ■店頭参考価格帯:31,680円〜31,680円 ■中古価格帯(税込):15,200円〜20,500円 ■価格.com売れ筋ランキング:220位 ■満足度レビュー:4.66(251人) ■クチコミ:2331件 (※1月10日時点)

価格.comでは新品でも3万円を切る価格で購入することが可能です。更に中古に目を移すと【1.5万円ほどと破格の価格で購入することが可能です。

カメラマン夫
カメラマン夫

私は中古の並品を1万8千円くらいで1年ほど前に購入をしました。ステップアップレンズとして人気のAF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gは中古市場でも球数が多く【低価格で状態のいい】ものが多数あるイメージです。私が手にしたレンズもとても状態がよく満足しています。
私のオススメの中古取り扱い店は【カメラのキタムラ・マップカメラ・ソフマップ】です。

現行のZマウント【NIKKOR Z 50mm f/1.8 S】が新品で8-9万円程度と言うことを考えると破格の価格で明るい単焦点レンズを手に入れることができます。(NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sは新しいレンズなので中古でも価格があまり下がらない)

【ニコンダイレクト楽天市場店】NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

Fマウントユーザーでまだ単焦点レンズを持っていないユーザーさんなどにはぜひ、一本は手にしてもらいたいレンズです。

さらにZマウントユーザーの方でZマウントレンズを買い揃えるのには、たくさんのお金が必要です。そんなZマウントユーザーさんも【FTZⅠ&Ⅱ】マウントアダプターを使用することでFマウントレンズを使うことが可能です。

FTZⅡの新品価格が3万円程度、FTZの中古が2万円程度で購入することが可能です。仮にFTZの中古とAF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gの中古と合わると3.5万円程度で50mmf/1.8の単焦点レンズが手に入ります。(さらにFTZは他のFマウントレンズでも使用可能です)

2024年現在でもすばらしい描写力

0111blog-photo00使用カメラ :Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G  露出プログラム:絞り優先 シャッタースピード :1/50  F ナンバー:f 5.6  露出補正:0 焦点距離 :50mm(35mm換算) ISO :Auto WB:Auto

Nikonに限らず、カメラメーカー各社「50mmの明るい単焦点レンズ」のエントリーレンズはレンズ交換式カメラユーザーにレンズ交換式カメラの楽しみを伝えるレンズとして価格以上の描写力を備えたレンズが発売せれています。

価格が安いと言うより、「価格度外視でカメラの良さを伝えるためのレンズ」と言った印象です。手に取りやすい価格設定で、カメラの楽しさを伝えるレンズです。

その為、AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gの場合は発売してから10年以上の長きを後継機の発売もなく一眼カメラユーザーの期待に応えてきたレンズと言えます。

すなわち、手にしたユーザーの期待に応え、満足を与えてきた「優れたレンズ」であると言うことを証明しています。

「作例を見てください!」カメラマン夫の撮影技術が特段高いわけでもなく、普通な腕前でも「単焦点レンズを使うことで一眼カメラらいしい写真」を撮ることができます。そしてどんどんと写真・カメラが好きになって腕が上がっていきます。

カメラマン夫
カメラマン夫

そんなカメラ好きな人が増えると嬉しいです。セットレンズからステップアップしたいカメラマンさん、単焦点レンズを買うか悩んでいるカメラマンさんには、ぜひ手にしてもらいたいレンズです。(Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gに限らず、各メーカーでお手頃なものを選んでもらえるといいかと思います。ただNikonユーザーさんには50mm f1.8 Gがオススメ)

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gの注意点

ここではNikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gのデメリットについても書いていきます。

Fマウント用レンズ

AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gのデメリットとして一番に上がるのが【Fマウント】対応レンズと言う点でしょう。

FマウントレンズはNikonの【一眼レフカメラ用(厳密に言うとフィルム時代から一眼レフ時代)のレンズです。

その為、ミラーレス一眼のZシリーズで採用されている【Zマウント】ではそのまま使用することができず、FTZなどのマウントアダプターが必要になります。

また、これからの流れを考えると一眼レフ機の最新機種は今後発売されるか不透明です。Fマウントで使いたい場合はD780やD7500と言った新品でも購入できるFマウントのカメラか中古のFマウントのカメラとの組み合わせになってきます。

レンズとしては古い部類に入る

はじめにも書きましたがNikon AF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gは2011年6月発売と、発売してから10年以上経過したレンズです。作例を見る限りでは満足いく描写ではありますが、現行のZマウント【NIKKOR Z 50mm f/1.8 S】と比較すると描写力・解像度の差は歴然です。(カメラマン夫は撮り比べたことがないので情報や作例を見る限りの情報です)どうしてもZマウントになったことでマウント口径が大きくなり、光学的有利と現行技術を使用した現行レンズにはおよばないのが現実です。

手ブレ補正非搭載

レンズ内手ブレ補正非搭載です。f/1.8のレンズで焦点距離50mmと言うことで手ブレ補正がなくても問題ないように感じますが、水族館などの暗い場所でISO感度とシャッタースピード上げずに撮影した場面では不便に感じることがあります。

Z5やZ6ⅡなどのZシリーズでボディ内手ブレ補正搭載のカメラボディとFTZマウントアダプターとの組み合わせでの使用ではあればレンズ内手ブレ補正が非搭載であるデメリットはなくなります。


手ブレ補正についてはこちらの記事で解説しています。

【手ブレ補正の段数】てなに?解説記事
この記事ではカメラやレンズのカタログに書いている【手ぶれ補正の〇〇段】の意味について書いています。 【結論】 ・手ブレ補...

F値1.8・2.8・5.6・8比較写真

【NikonD750+AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G】

【NikonZ5+FTZⅡ+AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G】

【NikonD750+AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G】

一眼レフとミラーレス一眼に取り付けた時の外観

【NikonD750+AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G】

【NikonZ5+FTZⅡ+AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G】

【NikonD750+AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G】

商品紹介

AF-S NIKKOR 50mm f1.8 G

FTZ&FTZⅡ

Nikon D750

Nikon D7000

Nikon Z5

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

カメラ機材関連記事

NikonD750 フルサイズ一眼レフカメラ

NikonD750 フルサイズ一眼レフカメラ
カメラマン夫が初めて手にしたフルサイズセンサーを搭載した一眼カメラです。そして仕事・プライベートでも相棒として活躍してく...

NikonD7000 APS-C一眼レフカメラ 中・上級機

NikonD7000 APS-C一眼レフカメラ 中・上級機
Nikon D7000は、NikonDX機(APS-C機)として高性能と信頼性を象徴する傑作と言える名機です。 2010...

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)フルサイズ対応望遠ズームレンズ

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)フルサイズ対応望遠ズームレンズ
タムロンの「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)」は、35mmフルサイズ対...

コメント

タイトルとURLをコピーしました