一眼カメラ中級機を使ってみたい人にオススメ「NikonD7000」中古一眼レフカメラ

オススメ(撮方・商品・サービスなど)

Nikon D7000シリーズは、Nikonのデジタル一眼レフカメラの中で、中級から上級のユーザー向けに開発されたシリーズです。

  • ハイパフォーマンスセンサー: D7000シリーズは、APS-Cサイズのセンサーを搭載。高解像度と広いダイナミックレンジにより、詳細でクリアな画像。
  • 高速連写: D7000シリーズは高速な連写撮影が可能で、一瞬の瞬間を逃さずに捉える。
  • 優れたオートフォーカスシステム: D7000シリーズは、多くのオートフォーカスポイントを備えた高性能なAFシステムを搭載。迅速かつ正確なフォーカスを実現。
  • 耐久性と堅牢性: D7000シリーズのボディは、マグネシウム合金や耐候性素材で補強されており、頑丈で耐久性がある。厳しい環境下でも安心して使用可能。
  • ユーザーフレンドリーな操作性: D7000シリーズは、使いやすい操作パネルやカスタマイズ機能を備えており、ユーザーが快適に撮影を行えるように設計されています。

D7000シリーズは、ハイエンドな機能と使いやすさを兼ね備えた優れた一眼レフカメラです。プロフェッショナルな写真家や熱心なアマチュアユーザーにとって、高画質とクリエイティビティを追求するための頼れる選択肢となっています。

その中でもD7000シリーズの初代機「D7000」を今回はオススメとして紹介をしていきます。

なぜ今、一眼レフカメラをおすすめするのか?

「一眼レフカメラについてはある程度知識もあるよ」と言うカメラマンさんは目次から【NikonD7000をオススメする理由】までスキップしてください。

ミラーレス一眼カメラが全盛の現在で、一眼レフカメラをおすすめする理由は以下のような点が挙げられます。特に「一眼レフの中古市場のお得感」と「長い一眼レフの歴史で培った豊富な交換レンズ」を加味して考えてみましょう。

  1. 操作性とファインダーの魅力: 一眼レフカメラは光学ファインダーを通して被写体を直接見ることができます。ファインダー越しに撮影することでリアルな視界が得られ、撮影の体験がより感動的になります。
  2. 豊富なレンズラインアップ: 一眼レフは歴史が長く、多くのメーカーが豊富なレンズラインアップを提供しています。様々なシーンに対応する高品質なレンズが揃っているため、創造性豊かな撮影が可能です。
  3. 中古市場のお得感: ミラーレス一眼が主流となる中で、一眼レフカメラの中古市場ではお得な価格で優良な機種が見つかります。高性能なモデルを手頃な価格で手に入れることができる魅力があります。
  4. 耐久性とバッテリー寿命: 一眼レフカメラは堅牢なボディが多く、耐久性があります。また、バッテリー寿命が長く、長時間の撮影にも適しています。

以上の理由から、一眼レフカメラは、まだまだ魅力的な選択肢として残っています。特に中古市場を活用して、お得で高品質なカメラを手に入れることができます。

名機が中古市場でお手頃

一眼レフカメラの中古市場には、名機がお手頃な価格で手に入る魅力があります。特に初心者向けのモデルや人気の機種が中古で多く出回っているため、予算を抑えながら高性能なカメラを手に入れることができます。

今回紹介している、ニコンの中級機として人気を博したD7000は、16.2メガピクセルの高画質センサーと高性能なフォーカスシステムを搭載しています。中古市場でリーズナブルな価格で入手できます。D7000は人気のある一眼レフカメラで、高画質と優れたフォーカスシステムを特徴としており、中古市場で手軽に入手できることから、カメラ愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

これらの名機は、一時期のミドル~ハイエンドモデルとして評価され、現在でも十分な性能を持っています。中古市場で探してみると、予算に合った優良なカメラを見つけることができるはずです。

注意点として、中古品を購入する際は信頼性のある販売店やオンラインショップを利用することをおすすめします。また、商品の状態や動作確認に注意して購入することで、安心して名機を手に入れることができます。

カメラマン夫
カメラマン夫

私は中古カメラを価格だけで購入して、一度痛い目に合いました。それからは【カメラのキタムラマップカメラソフマップサトーカメラで購入するようにしています。中古カメラは価格も大事ですが、信頼できるお店で購入するのが重要なポイントです。

豊富なレンズランナップ

一眼カメラの魅力は、その「レンズを交換することができる」点にあります。色々なレンズを付けることで表現が多彩になることがメリットです。そのためには豊富なレンズラインナップが欠かせません。

近年、ミラーレス一眼カメラもレンズラインナップの拡充が進められていますが、一眼レフに関しては古いレンズを含めて豊富なレンズラインナップから選んで使用することができます。この点が一眼レフの大きなメリットです。

「スマホでは撮ることのできない写真を撮りたい!」というイメージを一番早く簡単に実現するのは、選べるレンズの数から始まります。一眼レフの豊富なレンズラインナップは、写真撮影の可能性を広げるうえで大きな魅力です。自分のビジョンに合ったレンズを選んで撮影する楽しさは、一眼カメラならではの特長です。

一眼レフカメラとは

一眼レフは、デジタルカメラの中でも本格的なカメラとして知られています。家電量販店などでよく目にした一眼レフについて、「一眼レフって一体なに?」という疑問を簡単に説明します。

一眼レフは、レンズ交換が可能で高画質を実現するカメラです。コンパクトデジカメでも一眼レフに劣らない高画質を実現するものもありますが、一眼レフはレンズ交換に対応しているため、画角やボケ味など、自分の理想により近づけることができます。

長年にわたって開発されてきた一眼レフは、初心者向けから上級者向けまで、様々なラインナップが存在することも大きな特徴の一つです。これにより、撮影スタイルや技術レベルに合わせて選択肢が広がります。

一眼レフは、レンズの選択やカスタマイズが可能で、写真撮影の楽しみが広がるだけでなく、高い画質を追求できるカメラとして愛好者に支持されています。自分の好みやニーズに合ったレンズを選び、よりクリエイティブな写真を楽しむことができるのが、一眼レフの魅力です。

ミラーレス一眼との違い

近年、「ミラーレス一眼」という単語をよく聞くことがありますね。ミラーレス一眼は、一眼レフと同じく「レンズ交換ができて、高画質を実現するカメラ」ですが、一体その違いは何なのか気になるところかもしれません。

ミラーレス一眼と一眼レフの最大の違いは、ファインダーの仕組みにあります。一眼レフは光学ファインダーを通して被写体を直接見ることができますが、そのファインダーには反射鏡とプリズムが使用されています。反射鏡が上下に動くことで、撮影時とファインダー覗き時の光路を切り替え、直接的な視界を提供します。

一方、ミラーレス一眼は名前の通り、反射鏡を使用せずにミラーレス構造を採用しています。撮影時はセンサーに直接光を取り込み、電子ビューファインダーまたは液晶モニターを通して撮影画面を表示します。このため、ミラーレス一眼は一眼レフよりもコンパクトで軽量なボディが実現され、携帯性に優れています。

また、ミラーレス一眼はレンズ交換ができるため、一眼レフと同様に様々なレンズを使って表現の幅を広げることができます。近年ではミラーレス一眼もレンズラインナップが充実し、高画質の撮影が可能です。

総じて言えば、ミラーレス一眼は進化したデジタル技術を活用し、一眼レフと同等の高画質とレンズ交換の自由を提供するカメラです。

スマートフォンとの違い

スマートフォンと一眼レフの違い」を知りたい方も多いでしょう。近年のスマートフォンはカメラ性能が向上しており、一眼レフを使う必要があるのか疑問に感じることもあるかもしれません。

スマートフォンと一眼レフの最大の違いは、画質や描写力にありますスマートフォンの画面では一眼レフで撮影した写真とあまり違いが感じられないかもしれませんが、拡大してみると一眼レフの方が圧倒的に精細な描写を実現します。解像感と描写力は、一眼レフの魅力の一つであり、スマートフォンでは味わえない特長です。特に暗い場所での撮影では一眼レフが有利で、ノイズを抑えた美しい仕上がりが期待できます。

また、レンズ交換による画角の変化も一眼レフの大きなメリットです。スマートフォンのズーム性能はデジタルズームに頼っており、画角の自由度は限られています。一方、一眼レフでは数多くのレンズがあり、撮りたいシーンに合わせて自由にレンズを選択することができます。これにより、様々なシーンに対応できる幅広い撮影が可能となります。

スマートフォンの便利さや手軽さは魅力的ですが、一眼レフの高画質やレンズ交換による表現の多彩さは、プロやアマチュアのフォトグラファーにとって重要な要素となります。どちらのカメラも魅力的な特長がありますので、自分の撮影スタイルや用途に合ったカメラを選ぶことが大切です。

NikonD7000をオススメする理由

ここからは「なぜNikonD7000をオススメするのか?」その理由をメリット・デメリット含めて紹介します。

メリット

  1. 手頃な価格 (一番のオススメポイント)
    D7000は一時期、ニコンの中級機として人気のあるモデルでしたが、現在では後継機種が登場しており、中古市場では比較的手頃な価格で購入することができます。初心者や予算に制約のある方にとって、コストパフォーマンスが高い選択肢となります。
  2. 高画質センサー
     D7000には16.2メガピクセルの高画質センサーが搭載されています。これは依然として十分な解像度です。鮮明で詳細な写真を撮影することができます。
  3. 高性能なフォーカスシステム
    D7000は39点のオートフォーカスシステムを備えており、高速かつ正確なフォーカスが可能です。被写体が動くスポーツや動物の撮影など、アクションシーンで威力を発揮します。
  4. 操作性と耐久性
    D7000は操作が直感的で使いやすく、堅牢なボディが特徴です。長期間の使用に耐える頑丈な作りは、アウトドアや旅行などのシーンで頼りになるカメラとして選ばれています。
    シャッター耐久15万ショットと中級機以上の耐久回数となっている。
  5. 多彩なレンズラインナップ
    ニコンは豊富なレンズラインナップを提供しており、D7000はニコンFマウントを採用しているため、さまざまな交換レンズを使うことができます。さらに、レンズは新品から中古まで様々な価格帯で入手できます。
    レンズに関してもFマウントレンズは球数が多く、お手頃価格でレンズを揃えてることも可能です。
カメラマン夫
カメラマン夫

これらのメリットから、D7000は依然として非常に魅力的なカメラであり、中古市場で手軽に入手できることが一つの利点です。

デメリット

もちろん、いいことばかりではありません。中古で購入するため注意点もあります。メリットとデメリットを比べて納得できるなら購入を検討してもいいかもしれません!

  1. 相応の古さ
    D70002010年に発売されたモデルであり、現在の最新機種と比較すると、画像処理技術や機能面で劣る部分があります。新しいカメラには最新の機能や改良が盛り込まれているため、一部機能において性能が制限される可能性があります。
    ※自分の使い方を考えてどうか?静止画中心なら十分かも。
  2. バッテリー寿命
    中古のカメラのバッテリーは劣化が進んでいる場合があります。劣化が進んでいると、長時間の撮影や旅行などでの連続撮影に支障をきたす可能性があります。
    ※バッテリーはEN-EL15と言う現在でも現役のバッテリーです。ヘタっている場合は新しく購入することもできます。
  3. 保証などが終了している
    中古カメラは新品と異なり、保証がないことが一般的です。もし何か問題が発生した場合、修理や対応に追加費用がかかる可能性があります。信頼性や安心感に欠けることがあるため、信頼できる販売店を選びましょう。特に個人売買の際には注意が必要です。
    NikonD7000は修理受付可能な製品一覧のリスト外になっています。壊れると修理ができません。それもあって特にリーズナブルな価格になっています。 
  4. 使用状況がわからない
    カメラに限った話ではないですが、前の所有者によって使用状況が異なります。丁寧に扱われていたかどうか、撮影枚数が多かったかなど、事前に確認できない点もあります。中古品を購入する際には、できる限り詳細な情報を得ることが大切です。
  5. 最新機能はない
    日々、カメラは進化しており、最新機能が追加されています。D7000は中古市場ではお手頃に入手できますが、最新の機能や技術には対応していないものもあります。

これらのデメリットを考慮した上で、中古のNikon D7000を選ぶかどうか検討し、自分のニーズに合ったカメラを選ぶことが重要です。

NikonD7000シリーズ一眼レフカメラ

ここからはNikonD7000からD7500までを紹介します。中古市場ではD7000・D7100・D7200とお手頃価格で人気があります。D7500はNikonDX(APS-C)一眼レフカメラの集大成と言っても過言ではないカメラで現在でも新品で購入できる一眼レフカメラです。

NikonD7000

ニコン D7000は、ニコンのデジタル一眼レフカメラで、以下の特徴を持っています。

  • 16.2メガピクセルのCMOSセンサーを搭載し、高画質な写真を実現。
  • EXPEED 2画像プロセッサにより、高速かつ高画質な画像処理が可能。
  • 39点の高密度AFセンサーを備え、高速で正確なオートフォーカスが可能。
  • 6コマ/秒の高速連写機能を備えており、アクションシーンや動体撮影に適している。
  • 100%のファインダーカバレージと約0.94倍の大きな視野を持つオプティカルファインダーを搭載。
  • フルHD動画撮影が可能で、高画質な動画記録ができる。
  • ダブルスロットを持ち、SDメモリーカードとSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応。
  • 耐久性のあるマグネシウム合金ボディを採用し、頑丈な設計と高い耐久性を持っている。

ニコン D7000は、高画質な写真と高性能なAFシステムを備えたハイエンドの一眼レフカメラです。また、手ブレ補正機構や高速連写機能、耐久性のあるボディなど、プロフェッショナルな撮影に必要な機能を兼ね備えています。幅広いシーンに対応し、写真撮影をより楽しむことができるカメラです。

カメラマン夫
カメラマン夫

私も使っているD7000は中古市場で2-3万円程度で購入することができます。次の項で紹介しているレンズのエントリーレンズと合わせると3万円代から一眼レフカメラ中級機を手に入れることができます。

NikonD7100

ニコン D7100は、中級者向けのデジタル一眼レフカメラで、以下の特徴を持っています。

  • 2410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、高解像度で鮮明な画像を撮影できる。
  • EXPEED 3画像プロセッサーにより高速で滑らかな画像処理が可能。
  • ISO感度最大25600まで拡張可能で、高感度撮影にも対応。
  • 51点のオートフォーカスシステムを搭載し、高速・高精度なフォーカスが可能。
  • 可動式3.2インチLCDモニターを備え、多角度で撮影ができる。
  • 耐久性のあるマグネシウム合金製ボディで、耐寒性・防塵性・防滴性を備えている。
  • 1080pのフルHDビデオ撮影が可能。
  • ワイヤレス通信機能を搭載し、スマートフォンとの連携が可能。

ニコン D7100は、高画質と高性能を兼ね備えたカメラであり、中級者向けのモデルです。高解像度で詳細な写真が撮影できるほか、高速オートフォーカスや高感度撮影など、多彩な機能を備えています。マグネシウム合金製の堅牢なボディは、アウトドアやトラベルなどの撮影にも頼りになる存在です。クリエイティブな撮影を楽しみたい方におすすめのカメラです。

NikonD7200


ニコン D7200は、中級者向けのデジタル一眼レフカメラで、以下の特徴を持っています。

  • 2410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、高解像度で鮮明な画像を撮影できる。
  • EXPEED 4画像プロセッサーにより高速で滑らかな画像処理が可能。
  • ISO感度最大25600まで拡張可能で、高感度撮影にも対応。
  • 51点のオートフォーカスシステムを搭載し、高速・高精度なフォーカスが可能。
  • 可動式3.2インチLCDモニターを備え、多角度で撮影ができる。
  • 耐久性のあるマグネシウム合金製ボディで、耐寒性・防塵性・防滴性を備えている。
  • 1080pのフルHDビデオ撮影が可能。
  • ワイヤレス通信機能を搭載し、スマートフォンとの連携が可能

ニコン D7200は、高画質と高性能を兼ね備えたカメラであり、プロシューターやハイアマチュア向けのモデルです。高感度撮影や高速連写など、幅広い撮影シーンに対応しており、クリエイティブな撮影を楽しむことができます。

NikonD7500


ニコン D7500は、中級者向けのデジタル一眼レフカメラで、以下の特徴を持っています。

カメラマン夫
カメラマン夫

D7500は新品でも購入できるD7000シリーズ最後のカメラです。一眼レフ機の集大成と言ってもよいカメラで完成度は間違いありません。

  • 2070万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、高解像度でクリアな画像を撮影できる。
  • EXPEED 5画像プロセッサーにより高速で滑らかな画像処理が可能。
  • ISO感度最大51200まで拡張可能で、高感度撮影にも対応。
  • 51点のオートフォーカスシステムを搭載し、高速・高精度なフォーカスが可能。
  • 可動式3.2インチLCDモニターを備え、多角度で撮影ができる。
  • 4K UHDビデオ撮影が可能で、高画質な動画を記録できる。
  • 耐久性のあるマグネシウム合金製ボディで、耐寒性・防塵性・防滴性を備えている。
  • ワイヤレス通信機能を搭載し、スマートフォンとの連携が可能

ニコン D7500は、高画質と高性能を備えたカメラであり、スポーツや動物などの迅速な被写体や4K動画撮影にも対応しています。クリエイティブな撮影を楽しむ一方、高い操作性と性能でプロシューターやハイアマチュア向けにも満足のいくカメラです。

ハロちゃん
ハロちゃん

D7200の次はD7500でD7300・7400はないよ。あとD7500は最新技術も多数備わっているけど、SDカードがダブルスロットからシングルスロットになっていたり、ボディ内AF(オートフォーカス)モーターが省かれいるのでAFモーター非搭載レンズ(一部Dレンズ)のAF使えないなどの歴代D7000シリーズと異なる部分もあるから、注意も必要だよ。

NikonD7000シリーズにオススメのレンズ

カメラをお手頃にスタートしたい人はレンズもしっかりチェックしましょう。ボディよりレンズ選びの方が難しいです。カメラを始める人にオススメのレンズを紹介します。

Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm f/3.5-5.6 G II

AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm f/3.5-5.6 G IIは、ニコンのデジタル一眼レフカメラ用の標準ズームレンズです。取り敢えず低価格でスタートした人にはオススメのレンズです。カメラマン夫もこのレンズは10年以上使用してカメラの腕を磨きました。

カメラマン夫
カメラマン夫

中古市場では1万円でお釣りがくる価格で売られています。オススメのD7000と合わせて購入しても3万円程度で一眼レフ中級機を使いだすことができます。

  • 広角から標準域までの焦点距離:このレンズは18mmから55mmまでの焦点距離をカバーし、広角から標準域までの撮影に対応しています。一眼レフカメラのスタンダードなレンズとして広く使われています。(35mm換算27-82.5mmの標準ズーム)
  • 高画質な撮影:ED(Extra-low Dispersion)レンズが採用されており、色収差を補正して優れた画質を実現しています。被写体のディテールや色彩をリアルに表現することができます。
  • 静音かつ高速なオートフォーカス:AF-S(Silent Wave Motor)により、静音かつ高速なオートフォーカスを実現しています。迅速に被写体を捉えることができ、動きのあるシーンでも撮影がスムーズに行えます。
  • コンパクトで軽量な設計:このレンズはコンパクトで軽量な設計となっており、持ち運びや携帯性に優れています。日常のシーンから旅行まで幅広く活用できます。
  • マクロ撮影に対応:最短撮影距離が約0.28mまで寄れるため、簡単なマクロ撮影も楽しむことができます。

この18-55mmレンズは初心者向けのキットレンズとしても使われることが多く、手軽に撮影を楽しむことができる汎用性の高いレンズです。広角から標準域までの幅広い撮影に対応し、日常の写真から風景やポートレートなど様々なシーンで活躍します。

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRは、ニコンのデジタル一眼レフカメラ用の高倍率ズームレンズです。価格は中古でも7万円程度と安くはないです。ただ、これからカメラを趣味として気合を入れてスタートした人にはオススメのレンズです。兎に角このレンズ1本でほとんどの撮影に対応することが可能です。このレンズで撮影に慣れて、ステップアップの足がかりにしてみてはいかがでしょうか?
  • 幅広い焦点距離範囲:このレンズは18mmから300mmまでの焦点距離をカバーし、広角から望遠までの撮影に対応しています。多機能なズームレンズであり、様々なシーンに対応できます。(35mm換算27-450mmの高倍率ズームレンズ)
  • 高性能のVRVibration Reduction手ぶれ補正機能であるVRが装備されており、手持ち撮影時のカメラの揺れを補正して、ブレの少ないクリアな写真を撮影できます。
  • 高解像度な撮影:ED(Extra-low Dispersion)ガラスが採用されており、色収差を補正し、高解像度な写真を実現します。
  • 静音かつ高速なオートフォーカス:AF-S(Silent Wave Motor)が搭載されており、静音かつ高速なオートフォーカスを提供します。被写体を素早く捉えることができます。
  • コンパクトなサイズ:高倍率ズームレンズでありながら、コンパクトなサイズと軽量設計で持ち運びがしやすいです。(重量約550g
  • 便利レンズ:広角から望遠までの範囲をカバーすることから、風景、ポートレート、野生動物やスポーツの撮影など、幅広いシーンで活用できます。

このレンズは旅行やアウトドアでの撮影に特に適しており、一つのレンズで様々な撮影シーンに対応できるので、手軽に多様な写真を楽しむことができます。高倍率ズームレンズの便利さと、手ぶれ補正機能による撮影の安定性が特長であり、幅広いユーザーに愛用されています。

SIGMA EX DC OS HSM 17-50mm F2.8 ニコン用

カメラマン夫
カメラマン夫

このSIGMAのAPS-C専用のF2.8通しの標準ズームレンズ(大三元レンズ)は最高です。実際私もD7000と一緒に購入して一気にカメラの世界へ心頭してしまいました。

中古市場でも人気のレンズです。狙っているなら、在庫があるうちに購入することをオススメします。特にこのSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用はこのレンズが発売されてから後継機が発売されることがなく、当時から完成度の高いレンズと好評のレンズでした。

SIGMA EX DC OS HSM 17-50mm F2.8は、SIGMA(シグマ)が製造するデジタル一眼レフカメラ用のズームレンズです。以下にこのレンズの主な特徴と性能を解説します。

  • 明るさと画質

このレンズはF2.8の大口径を持っており、明るい絞り値により暗い環境や屋内などでの撮影に優れた性能を発揮します。明るい絞り値は被写体との被写界深度を浅くすることも可能で、背景をぼかすことによって被写体を際立たせることができます。

  • 焦点距離17-50mm

このレンズの焦点距離は17mmから50mmまでの広角から標準域をカバーしています。広角側では広い範囲を写し込むことができ、標準側では一般的な被写体やポートレートに適した撮影が行えます。この焦点距離の幅広さにより、様々なシーンに対応できる汎用性のあるレンズです。(35mm換算25.5-75mm)

  • イメージスタビライザー搭載

レンズにはイメージスタビライザー(OS:Optical Stabilizer)が搭載されており、手ブレ補正機能を提供します。これにより、手持ち撮影時のカメラのブレを補正してくれるため、暗い場所やテレ端での撮影など、手持ちでの撮影時に安定した画像を得ることができます。

  • 高品質な光学設計

SIGMAのEXシリーズは、高品質な光学設計によって優れた描写力を実現しています。特殊ガラス要素や非球面レンズが採用され、色収差や歪曲を抑えることで、クリアで高精細な画質を提供します。

  • HSM(Hyper Sonic Motor)

このレンズはHSM(Hyper Sonic Motor)によって自動フォーカスが駆動されます。静かで高速なAF(オートフォーカス)動作を実現し、迅速な被写体追従が可能です。

SIGMA EX DC OS HSM 17-50mm F2.8は、デジタル一眼レフカメラの幅広い撮影シーンに対応する高性能なズームレンズであり、特に明るい絞り値による背景のぼかしや、手持ち撮影時の安定性を重視するフォトグラファーにおすすめの一本です。

作例

ここからはD7000で撮影した写真の作例を紹介します。どうでしょうか?10年以上前に発売されたカメラですが、十分美しい写真を撮ることができます。

使用カメラ :D7000 レンズ:17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 露出補正:0 露出プログラム:プログラムオート シャッタースピード :1/1320  F ナンバー:f 9  焦点距離 :25mm(35mm換算) ISO :400 WB:Auto 編集ソフト:Affinity Photo

使用カメラ :D7000 レンズ:17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 露出補正:0 露出プログラム:プログラムオート シャッタースピード :1/60  F ナンバー:f 4  焦点距離 :75mm(35mm換算) ISO :800 WB:Auto 編集ソフト:Affinity

使用カメラ :D7000 レンズ:17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 露出補正:0 露出プログラム:絞り優先 シャッタースピード :1/4000  F ナンバー:f 2.8  焦点距離 :75mm(35mm換算) ISO :400 WB:Auto 編集ソフト:Affinity

使用カメラ :D7000 レンズ:AF-S DX ED 18-55mm F3.5-5.6 G II 露出補正:0 露出プログラム:フルオート シャッタースピード :1/100  F ナンバー:f 5  焦点距離 :39mm(35mm換算) ISO :400 WB:Auto 編集ソフト:Affinity

使用カメラ :D7000 レンズ:AF-S DX ED 18-55mm F3.5-5.6 G II 露出補正:0 露出プログラム:プログラムオート シャッタースピード :1/500  F ナンバー:f 11  焦点距離 :57mm(35mm換算) ISO :400 WB:Auto 編集ソフト:Affinity

「NikonD7000」と「AF-S DX ED 18-55mm F3.5-5.6 G II・SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」の組み合わせでの作例です。D7000の操作性がよく入門レンズのAF-S DX ED 18-55mm F3.5-5.6 G IIでもシーンに合わせた設定が容易でイメージに近い撮影ができました。またSIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSMとの組み合わせでは開放F値が2.8の特性を生かしたボケ味のある撮影も可能です。

これからカメラを始める人にもオススメのNikonD7000ですが、すでにカメラを持っていて中級機以上のカメラ」に興味があるカメラマンさんにもオススメできるカメラとなります。

カメラを初めたい人、ステップアップしたいけど考え中の人の参考になればうれしいです。

「さぁ!カメラライフを楽しもう!!」

「お試しでも購入はなぁ〜」と言う人にはカメラのレンタルもあるよ。一月借りて参考にするのもアリ。
カメラと交換レンズのレンタルなら【GOOPASS】
モノカリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました