長崎バイオパーク「ラマの岩山」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

NikonD7000

はじめに

NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)とのセットで長崎県にある「長崎バイオパーク」で動物園スナップ撮影をしました。

APS-C機はレンズ焦点距離の1.5倍で撮れる

今回使用するNikonD7000に限らず、APS-C機は「レンズに明記されている焦点距離の1.5倍(キャノンは1.6倍)の焦点距離で撮影できます。」それはAPS-C専用のレンズを使った場合もフルサイズ対応レンズを使用した場合も同じです。

カメラレッスン - Lesson19:FX・DXフォーマットの基本と使いわけかた | Enjoyニコン | ニコンイメージング
ニコンのカメラにはFXとDX、2種類のフォーマットがあります。この2つの違い、なんとなくはわかるけれど、詳しくは理解できていないかも……という方、実は多いのではないでしょうか。今回は、フォーマットの基礎知識やFXとDXの特徴、違いなどを学びながら、撮影シーンによって便利に使い分けるコツをご紹介します。
例:【AF-S DX ED 18-55mm F3.5-5.6 G II】このレンズはAPS-C専用のレンズです。フルサイズ35mm換算では約27-82mmの焦点距離のレンズとなります。35mmの標準ズームレンズでよく聞く24-70mmや28-75mmと近い焦点距離のレンズとなります。そのためフルサイズで標準の焦点距離とされる50mmはAPS-Cの場合は35mmがほぼ同等焦点距離・画角のレンズと言うことになります。
カメラマン夫
カメラマン夫

特にNikonではフルサイズ(FX)機とAPS-C(DX)機でマウントの互換があるためフルサイズ対応のレンズが気軽にAPS-C機で使用することができます。

今回はこの特性を活かして【28-300mm】のフルサイズ対応高倍率ズームレンズをAPS-C機で使用することで【42-450mm】相当のレンズとして使用して、フルサイズ機で使う時より更に遠くの被写体を撮影できるようにしました。

絞り優先オート&ISOオート

【カメラの設定】

  • 絞り優先オート(Aモード)
  • ISOオート(設定上限3200)
  • 最低シャッタースピード(1/500)

この3点を設定して後はカメラ任せにします。そして刻一刻と表情や場所を変える動物達を追うことに集中します。

カメラマン夫
カメラマン夫

今回使用したNikonD7000は古い機種でISO上限が6400です。そのため今回はISOを3200に設定しました。ISOオート時の上限の設定を私は「使用するカメラのISO上限の半分」にするようにしています。そうするとある程度ノイズも許容範囲内であると感じるからです。ただ大きくプリントしたい時などは低ISOで三脚を使うようにしてください。

写真

撮影日:2023年5月

使用カメラ :D7000 レンズ:AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061) 露出補正:-0.3 露出プログラム:絞り優先オート シャッタースピード :1/500  F ナンバー:f 6.3  焦点距離 :450mm(35mm換算) ISO :220 WB:Auto 編集ソフト:Affinity Photo
使用カメラ :D7000 レンズ:AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061) 露出補正:-0.3 露出プログラム:絞り優先オート シャッタースピード :1/1000  F ナンバー:f 6.3  焦点距離 :450mm(35mm換算) ISO :200 WB:Auto 編集ソフト:Affinity Photo

ラマの岩山

長崎バイオパークの目玉と言っても過言ではない「ラマの岩山」。岩山では10頭程度のラマたちが暮らしています。その自然のラマを見ているような光景は絶景です。今回の写真は「アンデス広場」にある「レストラン・ケーナ」から撮影しました。

山の頂におよそ10頭のラマたちが暮らしている「ラマの岩山」は、長崎バイオパーク誕生の物語になくてはならない特別な場所です。バイオパークの建設が始まったのは、1970年代の終わり。東京農業大学の近藤典生博士のもと、表土の薄い元々の土地柄を最大限に生かし、中南米の生態系を再現するという自然復元プロジェクトがスタートしました。そのために最初に行なったのが、小山の土を人の手で剥がす作業。こうして全く新しいアンデスさながらの景観として誕生したのが、この「ラマの岩山」なのです。

アンデス広場とラマの岩山 | 長崎バイオパーク - ZOOっと近くにふれあえる九州の動物園&植物園
長崎バイオパーク「アンデス広場とラマの岩山」エリアで出会える動物たちをご紹介します。

長崎バイオパークHPより

撮影のポイント

APS-C機で焦点距離を1.5倍

冒頭でも説明しましたが、APS-C機を使用する場合は「レンズに明記されている焦点距離の1.5倍換算」で撮影できます。

カメラレッスン - Lesson19:FX・DXフォーマットの基本と使いわけかた | Enjoyニコン | ニコンイメージング
ニコンのカメラにはFXとDX、2種類のフォーマットがあります。この2つの違い、なんとなくはわかるけれど、詳しくは理解できていないかも……という方、実は多いのではないでしょうか。今回は、フォーマットの基礎知識やFXとDXの特徴、違いなどを学びながら、撮影シーンによって便利に使い分けるコツをご紹介します。

この利点を活かしてレンズの望遠300mmを450mmとして使用しました。

「レストラン・ケーナ」から「ラマの岩山」の山頂付近のラマまでおおよそ200mほどの距離があったと思いますが、ラマの表情を捉えることができるほどの撮影ができました。

このように【APS-C機+高倍率ズームレンズ】の組み合わせはオススメです。

買う前に購入を検討しているレンズを試してみたいと言う人にはカメラ機材のレンタルサービスを利用してみるのも一つ方法です。
カメラと交換レンズのレンタルなら【GOOPASS】
カメラ・家電・パソコン・スマホのレンタルサービス「モノカリ」
カメラマン夫
カメラマン夫

私が使っているレンズはTAMRONさんの「AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)」と言う型式の古いレンズです。20年ほど前に発売されたレンズですが今でもバリバリの現役です。ただ、今同じレンズを中古で探すのが難しくなってきているので、機材紹介ではNikon純正の高倍率ズームレンズ「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」を紹介しています。中古市場での数も多く状態の良いレンズも比較的探しやすいです。

撮影機材

カメラ NikonD7000

このD7000は私がカメラにハマるきっかけになったカメラです。ニコンのAPS-Cセンサー搭載の中級機です。手にした時の感動は忘れません。毎日の撮影が楽しくなり、写真を好きにしてくれたのは間違いなくこのNikonD7000です。


カメラのキタムラ【NikonD7000中古一覧】

レンズ TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)

タムロンの便利ズーム28-300mm。これ一本でいろいろな表現ができます。
フルサイズ用の高倍率ズームレンズ。「高倍率」「安価」ということを感じさせない描写。ズームが故に、多少の歪みや、開放での甘さはあるものの、少し絞れば解像力はアップ。サイズも小さく、軽いレンズはタムロンの得意とするところ。旅行や山登りなどに揃えて持っていて損をしない1本です。
私が使っているモデルA061は古いレンズです(AFモーターがないモデル)。これから購入を検討している人はこのレンズの後継機種がオススメです。


カメラのキタムラ ネットショップ

レンズ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

上記で紹介したTAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)は型が古く、中古市場でも安定した供給がないので同じ28-300mmの焦点距離に対応したNikon純正の高倍率ズームレンズAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRも合わせて紹介します。

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR-概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
ニコンのフルサイズフォーマットNIKKORレンズ「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」の製品ページ。カメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

焦点距離28-300mm、約10倍の高倍率ズームレンズ。約10倍という変倍比により、広角での風景写真から望遠撮影まで1本で幅広い画角での撮影が可能。約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する「手ブレ補正(VRII)」機構と、フォーカシング時に全長変化のない「IF方式」を採用。
静粛なAFを可能にする超音波モーター「SWM」や、「M/A」モードと「M」モードの2つのフォーカスモードを搭載しているレンズです。


カメラのキタムラ【AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR中古一覧】

カメラマン夫
カメラマン夫

Fマウントレンズですが28-300mmと使い勝手がとてもいいレンズです。Nikonの最新マウントであるZマウントではまだこの28-300mmのレンズが発売されていないので「FTZ」マウントアダプターを使ってZシリーズのカメラに使用するのもアリですね。

長崎バイオパーク

長崎バイオパークは、長崎県西海市にある動物園です。敷地面積は約総面積30万平方メートルです。 福岡ヤフードーム(敷地面積17万平方メートル)の2倍弱に相当し、多くの動物たちが自然な環境で暮らすことができるように設計された動物園です。

コンセプトとして【遊んで、学んで、ふれあって】とあり、実際に「エサやり体験」や「動物とのふれあい」から動物や動物との付き合い方を学ぶことができます。

長崎バイオパークから車で30分ほどで「長崎ハウステンボス」へ行くこともできます。長崎旅行の際はぜひ「長崎バイオパーク」もプランに入れてみてはどうでしょうか?

じゃらん【長崎バイオパーク】

楽天トラバル【長崎バイオパーク 周辺のホテル・旅館】

〒851-3302 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
TEL:0959-27-1090
営業時間:10:00~17:00(入園締切 16:00)
休園日:なし
駐車場:乗用車800台(利用料無料)
入園料:通常料金大人1,900円こちらよりHPを確認ください

関連記事

長崎バイオパーク「動物写真まとめ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

404 NOT FOUND | カメラマン夫と城好き妻のブログ

長崎バイオパーク動物園散歩【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

長崎バイオパーク動物園散歩【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】
はじめに NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300...

長崎バイオパーク「食事中のラマ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

長崎バイオパーク「食事中のラマ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】
はじめに NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300...

長崎バイオパーク「マーラ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

長崎バイオパーク「マーラ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】
はじめに NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300...

長崎バイオパーク「フサオマキザル」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

長崎バイオパーク「フサオマキザル」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】
はじめに NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました