長崎バイオパーク「コツメカワウソ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

NikonD7000

長崎バイオパークで中古で購入したNikonD7000とTAMRONの28-300mmのセットで動物園スナップ撮影をしました。今回はコツメカワウソの餌やりのタイミングで撮影ができたのでカメラの設定と合わせて記事にしています。

撮影時のカメラの設定

  • Aモード(絞り優先)暗いレンズなので基本開放F値
  • ISOオート(ベースは200で上限3200に設定)
  • 最低シャッタースピード1/500(ISO上限の3200になると1/500から下がってくるので確認しながら撮影します)
  • AF-S シングルポイント
  • ホワイトバランスオート
  • 露出補正はこまめに+-を変えます
  • ピクチャーコントロールはSD(スタンダート)とVI(ヴィヴィット)

AモードでF値は自分で決めます。キャノンだとAvモード。

屋外・室内と行き来するのでISOはオートに。200-3200でカメラ任せ。(NikonD7000はISO上限6400です。ただ感覚的にISO3200がいっぱい)
シャッタースピードは1/500。通常は【1/焦点距離】に設定しますが、今回のレンズは望遠が300mmでAPS-C機にセットするので450mm相当になるので1/500に設定。

写真

撮影日:2023年5月

使用カメラ :D7000 レンズ:AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061) 露出補正:+0.3 露出プログラム:絞り優先オート シャッタースピード :1/400  F ナンバー:f 5.6  焦点距離 :150mm(35mm換算) ISO :3200 WB:Auto 編集ソフト:Affinity Photo
使用カメラ :D7000 レンズ:AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061) 露出補正:+0.3 露出プログラム:絞り優先オート シャッタースピード :1/250  F ナンバー:f 5.6  焦点距離 :165mm(35mm換算) ISO :3200 WB:Auto 編集ソフト:Affinity Photo
使用カメラ :D7000 レンズ:AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061) 露出補正:+0.3 露出プログラム:絞り優先オート シャッタースピード :1/200  F ナンバー:f 5.6  焦点距離 :165mm(35mm換算) ISO :3200 WB:Auto 編集ソフト:Affinity Photo

コツメカワウソ

コツメカワウソ | 長崎バイオパーク - ZOOっと近くにふれあえる九州の動物園&植物園
長崎バイオパークの「コツメカワウソ」をご紹介します。

コツメカワウソは、体長が約40〜60センチメートルで、尾を含めると全長は70〜90センチメートルほどです。体は細長く、柔らかい毛皮に覆われています。特徴的なのは、前足の指に小さな爪(コツメ)があり、その名前の由来となっています。この小さな爪を使って、餌を探したり、食べ物をつかんだりすることができます。

川などの水辺で、数頭の家族単位で生活します。基本的には昼行性ですが、夜行性の個体もいます。ペットとして販売するために密猟・密輸による乱獲が原因で野生下の個体数が減少したため、2019年にワシントン条約附属書Ⅰ類に指定され、国際的な商取引が禁止されました。
長崎バイオパークHPより

撮影ポイント

連射撮影で水の動きも捕らえて臨場感をだす

コツメカワウソの撮影のタイミングが餌やり中でエサを拾って、水場でエサを洗うような動きをしていました。エサを貰う時の可愛い顔を捉えるのと同時に、貰ったエサを洗う時の水面の動きを写真に収めたかったのでシャッターの設定を【シングルから連射モード】へ変更しました。

カメラマン夫
カメラマン夫

予想よりもエサを洗うような動きが早くて、欲しい画が撮れないので連射モードに変えてエサを洗っている場面と水面から顔を上げるシーンを捉えることができました。

撮影機材

カメラ NikonD7000

このD7000は私がカメラにハマるきっかけになったカメラです。ニコンのAPS-Cセンサー搭載の中級機です。手にした時の感動は忘れません。毎日の撮影が楽しくなり、写真を好きにしてくれたのは間違いなくこのNikonD7000です。


カメラのキタムラ【NikonD7000中古一覧】

レンズ TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)

タムロンの便利ズーム28-300mm。これ一本でいろいろな表現ができます。
フルサイズ用の高倍率ズームレンズ。「高倍率」「安価」ということを感じさせない描写。ズームが故に、多少の歪みや、開放での甘さはあるものの、少し絞れば解像力はアップ。サイズも小さく、軽いレンズはタムロンの得意とするところ。旅行や山登りなどに揃えて持っていて損をしない1本です。
私が使っているモデルA061は古いレンズです(AFモーターがないモデル)。これから購入を検討している人はこのレンズの後継機種がオススメです。


カメラのキタムラ ネットショップ

レンズ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

上記で紹介したTAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)は型が古く、中古市場でも安定した供給がないので同じ28-300mmの焦点距離に対応したNikon純正の高倍率ズームレンズAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRも合わせて紹介します。

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR-概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング
ニコンのフルサイズフォーマットNIKKORレンズ「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」の製品ページ。カメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

焦点距離28-300mm、約10倍の高倍率ズームレンズ。約10倍という変倍比により、広角での風景写真から望遠撮影まで1本で幅広い画角での撮影が可能。約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する「手ブレ補正(VRII)」機構と、フォーカシング時に全長変化のない「IF方式」を採用。
静粛なAFを可能にする超音波モーター「SWM」や、「M/A」モードと「M」モードの2つのフォーカスモードを搭載しているレンズです。


カメラのキタムラ【AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR中古一覧】

カメラマン夫
カメラマン夫

Fマウントレンズですが28-300mmと使い勝手がとてもいいレンズです。Nikonの最新マウントであるZマウントではまだこの28-300mmのレンズが発売されていないので「FTZ」マウントアダプターを使ってZシリーズのカメラに使用するのもアリですね。

長崎バイオパーク

長崎バイオパークは、長崎県西海市にある動物園です。敷地面積は約総面積30万平方メートルです。 福岡ヤフードーム(敷地面積17万平方メートル)の2倍弱に相当し、多くの動物たちが自然な環境で暮らすことができるように設計された動物園です。

コンセプトとして【遊んで、学んで、ふれあって】とあり、実際に「エサやり体験」や「動物とのふれあい」から動物や動物との付き合い方を学ぶことができます。

長崎バイオパークから車で30分ほどで「長崎ハウステンボス」へ行くこともできます。長崎旅行の際はぜひ「長崎バイオパーク」もプランに入れてみてはどうでしょうか?

じゃらん【長崎バイオパーク】

楽天トラバル【長崎バイオパーク 周辺のホテル・旅館】

〒851-3302 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
TEL:0959-27-1090
営業時間:10:00~17:00(入園締切 16:00)
休園日:なし
駐車場:乗用車800台(利用料無料)
入園料:通常料金大人1,900円こちらよりHPを確認ください

関連記事

長崎バイオパーク「動物写真まとめ」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

404 NOT FOUND | カメラマン夫と城好き妻のブログ

長崎バイオパーク「バク」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

長崎バイオパーク「バク」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】
はじめに NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300...

長崎バイオパーク「ラマの岩山」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】

長崎バイオパーク「ラマの岩山」【NikonD7000+TAMRON28-300mmModel A061】
はじめに NikonAPS-C(DX)機のD7000とTAMRONのフルサイズ対応高倍率ズームレンズのAF 28-300...

コメント

タイトルとURLをコピーしました