話題の【チャットGPT】を使ってみよう

雑記

チャットGPTを使ってみる

【チャットGPT使ってみたい!!】

カメラマン夫は急に思いました!!

最近ツイッターなどでも話題の「チャットGPT」みなさん聞いたことありますか?ここ2,3年で耳にすることが多くなっていましたが、最近は一気に使い勝手が良くなったと話題です。

カメラマン夫がフリーランスとして参考にさせていただいている「高田ゲンキさん」「じきるう編集者さん」もツイートしていて気になっていました。

カメラマン夫
カメラマン夫

実はカメラマン夫もAI技術は肯定はですが実際「チャットGPT」を使ったことがありません。実際に現在「チャットGPT」について調べて、勉強しながら記事を書いています。

チャットGPTとは

まずチャットGPTとはなんだ?と言うことからスタートです。

ChatGPTは、高度なAI技術によって、人間のように自然な会話ができるAIチャットサービスです。2022年11月に公開され、たちまち無料で利用できる革新的なサービスとして注目を集め、生成した文章の見事さや人間味のある回答がSNSなどで大きな話題となりました。(引用先:株式会社アイスマイリー)

カメラマン夫的に訳すと【AIが立派な文章作ってくれるよ】てサービスです。

今回の記事を作成する際に参考にさせていただいた記事

AIsmiley(アイスマイリー)

ChatGPTとは?使い方や始め方、日本語でできることを紹介!
ChatGPTは、人間のような自然な会話ができるAIチャットサービスです。原稿作成や要約など高度な文章生成ができるのが特徴で、親しみある会話ができることも影響して注目を集めています。本記事では、ChatGPTの概要や使い方、できることや実際に会話してみた例をご紹介します。

Chat GPT – 日本サイト(非公式サイトです。注意ください)

Chat GPT - 日本サイト | ChatGPTのまとめサイトです。初心者の始め方から、活用方法まで役立つ記事などを掲載しています。ビジネスからアート、文章作成や小ネタまで幅広いカテゴリがあります。
ChatGPTのまとめサイトです。初心者の始め方から、活用方法まで役立つ記事などを掲載しています。ビジネスからアート、文章作成や小ネタまで幅広いカテゴリがあります。

趣味や仕事に役立つ初心者DIYプログラミング入門

【図で解説】チャットGPTのインストールは?ウェブ版とアプリ版の関係は?利用料も含めて解説
昨年11月に登場し、わずか2か月で登録者数1億人を突破したチャットGPT。さらに利用者は増える一方で、最近ではスマホユーザーが急増しています。チャットGPTは、開発元のOpenAIの公式ウェブサイトにユーザー登録するだけで、パソコン、スマホ

GIZMODO

ChatGPTとは?始め方や使い方、料金も紹介【4月28日更新】
ちまたで噂のあいつのすべて。最近何かと話題のChatGPT。サンフランシスコのOpenAI社が生み出した最新のAIチャットボットですが、「なんでそんなに騒がれてるの?」って思っている方も多いかと思います。そこで今回は、現時点で「ChatGPTについてわかっていること」をざっくりまとめてご紹介します! ChatGPT

参考にした動画
ChatGPTチャンネル
わかりやすい動画です。パソコン・スマホでチャットGPTの登録画面を開いて動画の手順で進めれば登録できるます。
*ロボ声なので苦手な人もいると思いますが10分程度の動画なので一度チェックしてみてはどうでしょうか?

チャットGPTの始め方&登録方法

はじめにチャットGPTの公式ページへアクセスします。
*下記リンクからアクセスできます。

Introducing ChatGPT
We’ve trained a model called ChatGPT which interacts in a conversational way. The dialogue format makes it possible for ChatGPT to answer followup questions, ad...
カメラマン夫
カメラマン夫

注意点は日本語対応していますが、日本語版のページがないことです。登録やHP画面は英語です。日本語の質問には日本語で対応しているので登録までは英語に抵抗がある人はストレスかもしれません。登録は10分程度で終わるのでがんばってください!!

トップページにアクセスしたら「TRYCHATGPT」を選びます。

次のページの「Sign up(新規登録)」を選びます。
*Log in(ログイン)はすでに登録している人が選びます。

Signupを選ぶと【メールアドレスを入力】するか【グーグルアカウントorマイクロソフトアカウント】を使って登録するか選ぶ画面になります。

この記事ではグーグルアカウントを使用して登録を進めていいます。
グーグルアカウント・マイクロソフト持っていない人やメールアドレエスで登録した人はこの後パスワード入力画面がでてくるのでパスワードを決めてください。その後は電話番号の入力・誕生日の入力と同じ手順になります。
アカウント登録をすると名前の入力と誕生日を入力する画面になります。入力が終わったら「緑色のContinue」をクリックします。
*チャットGPTは18才以上の使用条件となります。
名前と誕生日の入力が終わると「電話番号」の登録画面になります。確認用のコードがSMS(ショートメッセージ)でスマホ・携帯電話に届きます。スマホ・携帯電話の番号を入力してください。
電話番号を入力したら「緑色のSend code」をクリックします。するとSMSで6桁の数字が届きます。その数字を入力すると登録完了です。
登録が終わると確認次項が何点か出てきます。「Next」をクリックして完了ページまで進めます。
以上で登録は終了です。10分程度で登録は終わります。次は使い方です。

チャットGPTの使い方

カメラマン夫
カメラマン夫

使い方は使ってみてびっくり!!専門的なコードの入力なんか必要なくて、ただチャットで問いかけるだけです。この問いかけ方法がうまくなっていけば精度の高い返答を得ることができると言うことです。

登録が終わると以下の画像のページに行きます。後は答えてほしい内容をチャットで質問するだけです。

赤で囲んだ部分に質問したい内容を入力します。日本語には対応しています。日本語で質問すると日本語で返答してくれます。Enterキーを押すか飛行機マークをクリックすると送信できます。改行したい時はShift+Enterで改行できます。
「カメラマン」と入力して返ってきた返答です。これを元に独自性を出すだけでも十分活用できると感じる返答です。
AIの活用には肯定的な人、そうでない人と色々な意見はあります。ただこれだけ導入が簡単なら一度使ってみてから判断してみてはいかがでしょうか?

まとめ

私はうまくチャットGPTは活用していこうと考えます。現在フリーランスとして一人で活動しています。写真の撮影と並行してブログの執筆もしていますが、文章を大まかに作ってくれるアシスタントを無料で雇えると思うと使わない手はないなと感じます。
みなさんはいかがでしょうか?無料で使えるので、ぜひ一度ご自身で使ってみて判断してみてはいかがでしょうか?

チャットGPTのQ&A

チャットGPTは有料?無料?

チャットGPTは基本無料で使用することができます。しかし有料版もあります。

有料版
月額 20ドル(2,500-3,000円くらい)
有料プランの良いところ

  • ピーク時でも優先的にアクセスできる
  • 応答速度が早くなる
  • 新機能とアップデートが優先される

上記のメリットがあります。無料版を使ってみて、すごく使えるからガンガン使用しようと言う人は有料版に移行しるのがいいかもしれません。

日本語は使えるの?

日本語は使えます。日本語で質問すると日本語で返答してくれます。公式のページに日本語版がないだけです。ただ困った時とか他の機能を使いたい時に英語なのですぐに見つけることができないことはあります。ただこれだけ有名になったのでインターネットで調べるとたくさん情報を集めることができるのでハードルは低くなっていると感じます。

使えるレベルなの?

使えるレベルです。もちろん、そのまま使えるの文章構成では難しいと感じますが、チャットGPTの文章を元に構成すれば十分使えるレベルです。あとは書き手のセンスや感情を表現することで自分の書いたものに昇華するだけです。

対象年齢はあるの?

18才以上であることが必要条件となります。登録時に誕生日の入力が求められます。

登録するのに必要なものは?

チャットGPTはWebアプリなので電話番号とパソコンやスマートフォンがあれば登録・使用することが可能です。

【PR】ChatGPTの使い方を紹介していくれているページの紹介

【追記2023/5/31】

チャットGPTの使い方を丁寧に記事にしてくれているnottaさんから問い合わせがありました。そこでnottaさんのチャットGPTについての記事を確認したところ、カメラマン夫が書いているこの記事より、更に詳しく記事にしてくれているのでご紹介させていただきます。

ちなみに紹介させていただいた【ChatGPTの使い方や登録方法を画像付きで徹底解説!】をチャットGPTに紹介文を作ってもらいました。

質問:https://www.notta.ai/blog/how-to-use-chatgpt このページの紹介文を作って

チャットGPTの返答:「How to Use ChatGPT」という記事は、Notta AIのブログで公開されている記事です。この記事では、ChatGPTの使い方について詳しく解説しています。ChatGPTはOpenAIによって開発された強力な言語モデルであり、自然な対話を生成する能力を持っています。記事では、まずChatGPTの基本的な使い方から始めています。使い方は非常にシンプルで、テキストベースの入力を与えると、モデルがそれに基づいて適切な応答を生成します。ユーザーは質問をしたり、情報をリクエストしたりすることができます。

さらに、記事ではChatGPTの最適な使い方についてのヒントとアドバイスも提供しています。例えば、より良い結果を得るためには、明確な質問をすることや、短くて明瞭な文を使用することが重要です。また、応答の品質を向上させるために、適切な文脈を提供することも重要です。

さらに、記事ではChatGPTの注意点についても触れています。ChatGPTは機械学習モデルであるため、情報の正確性や倫理的な側面については注意が必要です。適切な文脈や情報の裏付けを確認することが重要です。

「How to Use ChatGPT」は、ChatGPTを最大限に活用するための実用的なガイドとして役立ちます。対話型AIを使用して自然な対話を作成するためのヒントや注意点を知りたい方にとって、この記事は非常に役立つ情報源となるでしょう。

チャットGPTからは上記の返答がありました。もちろんカメラマン夫も【ChatGPTの使い方や登録方法を画像付きで徹底解説!】の記事は確認させていただきました。チャットGPTの返答の通り、チャットGPTを初めて使う人・応用したい人にもオススメできる内容となっていました。

カメラマン夫
カメラマン夫

今回のチャットGPTの回答の内容は、ほぼこのまま使えるレベルだと感じました。あとは文末などの構成を確認して文体をまとめれば、充分発信できる内容です。ただ注意しないといけないのは今回の場合はと言うことです。質問内容に寄ってはそのまま鵜呑みにすると嘘の情報を発信してしまう可能性もあります。実際、私が〇〇動物園の説明して」と問いかけると「パンダが有名で〜〜」と言う返答がありましたが、【〇〇動物園にはパンダはいません!!】このように質問者側も質問する内容にはある程度の知識・見識がないと嘘か本当かわからない返答がある場合があります。これからチャットGPTを使って行く人はこのような事にも注意して使って行く必要があるでしょう。

今回の紹介した記事を作成してくらた「notta」さんは音声認識とAI要約機能を使って、文字起こしをしてくれるサービスを行っています。

自動文字起こしサービス | Notta
Nottaは最新のAI音声認識エンジンを搭載する高精度な文字起こしサービスです。リアルタイム文字起こしと翻訳機能を備え、また、1度に最長5時間までの音声ファイルを素早くテキスト化が可能。PCで音声変換や編集も気軽に行います。

Notta高精度音声認識AI要約機能使って、1時間音声5分文字起こしし、簡潔な要約作成することできます。インタビュー、対面会議Web会議生成される多量音声テキストデータAI処理し、重要なポイント抽出します。

情報過多時代商談振り返り、議事録作成情報共有効率化してみましょう。
nottaHPより

今の自分の仕事にAI技術を取り入れたいと考えている人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました